低年式や過走行にお買い得中古車がある

低年式や過走行にお買い得中古車がある

日本では10年10万キロを超えると、低年式であったり過走行車として扱われます。

距離に関しては年数に対してどのぐらい走ったのかということを判断されるので、3年で6万キロといった場合でも過走行扱いになりますが、大きな壁となってくるのが10万キロであり、この距離を超えると車の寿命と判断されています。
そのため、中古車を選ぶときにもこの基準を超える車は危ないと考える人も多くいます。

中古車の情報を幅広く扱っているサイトです。

それでは実際に10年10万キロで車が寿命になるのかというとそのようなことはなく、これはあくまでもこの時期を超えれば消耗品の交換などが増えてきてお金がかかる時期となっているという話なのです。つまりそれらのものを換えれば、また10年10万キロでも走ることができるのですが、状態の良い車が多い日本では、修理にお金を出すよりも買い換えたほうが良いということで寿命と考えられています。

そこで、中古車を選ぶ時にはこのような車がどうなのかというと、整備がしっかりされている前提であればお買い得となっている車が数多く存在しています。



10年10万キロで車がダメになるわけでないにしても、この時期の車は寿命だと考える人がいれば高値で売ることは難しくなってしまうので、状態が良くても高値では売りづらいものとなってしまいます。

様々な種類のMERYが一般的になってきました。

その結果として低年式や過走行で整備がしっかりされた中古車というのは、移動手段として見た場合には狙い目のお買い得車になるのです。

Copyright (C) 2015 低年式や過走行にお買い得中古車がある All Rights Reserved.